「スマ婚」は、おそらく最も有名で・最も利用者の多い
「格安ウェディングの最大手」とも言えるプロデュース会社です。

 

※現在「スマ婚」の紹介は休止しております。
「コスパ」を求めるカップルの方は「ハナユメ」の解説をぜひ

 

格安ウェディングサービスの先駆けであり
その仕組みを作った、と言っても過言ではありません。

格安ブライダルの提供会社は、今となってはたくさんありますが
誕生からしばらくは、「スマ婚が1社で進めた」とも言える業態なのです。

それだけに「先行者利益」とでもいうべき、その知名度や
常に先を行くサービスによって、着実に利用者を増やし
それに伴い、内容のクオリティを上げ続けています。

利用者が急増している

格安ウェディング全体としても言えることですが
ここ1~2年(2016年現在)で、利用カップルが劇的に増加しています。

それは「不景気」といったことも関係しているかもしれませんが
やはり「利用者が増えて来た」ことで「抵抗」がなくなったことです。

この格安ウェディングへの抵抗を無くしたことにも
大きな貢献しているのが「スマ婚」になります。

「格安」の中では最もクオリティが高い

「特にリーズナブル」と言える格安ブウェディングの会社中では
最もサービスのクオリティが高いと言えます。

それは、専属プランナーの数・教育の内容も
他の会社とは、はっきり一線を画すものになっていることが大きな理由です。

実際に「普通の安い会場」と、直接契約するよりも
総費用が安く、尚且つクオリティが高くなる現象も起き始めています。

「スマ婚」よりも、低価格で利用できる会社も増えてきていますが
「品質」とのバランスで考えた場合に、最もコストパフォーマンスが高いと思われます。

「より安く」の中から選ぶなら「得ナビウェディング」がおススメ

「スマ婚」最大の安心ポイント

「スマ婚」が、徐々に・着実に利用者を増やしてきた理由は
「利用者が増えた」ということどのものが理由でもあります。

やはり「みんなやっている」ということは、最も安心感につながるようで
その安心感が、次の利用カップルを招くことになります。

満足度の向上

どんな業界・商品にも言えることですが
利用者が多い・増えてくるということは
それだけ試行錯誤・改良の回数が多くなるということです。

「スマ婚」だけしか格安ウェディング会社がない時代には
悪い口コミが目立ったこともありますが
やはり「先行者のデメリット」の部分が理由だったと考えられます。

現在では「満足度No1」を掲げており
サービス・内容の向上には、間違いありません。

「会場・式場数の開拓」を進めてきた

そして、「スマ婚」が他の提供会社から抜きんでている点として
利用できる会場数を増やし続けている点です。

「会場数の少なさ」がデメリットでもある格安ウェディングですが
短期間で劇的に会場数を増やしたことも、「スマ婚」の特徴です。

当初抵抗の多かった格安ウェディングの導入会場も
続々と利用できるようになってきている傾向があります。

この会場数の増加こそが、格安ウェディングの発展の理由であり
他の業者が受け入れられるようになったのも、「スマ婚」の影響が大きいと言えます。

「若い人向け?」と思う一面もあるが・・・

ただ、1つ気になる点を挙げるとすれば
「若い人向けかな?」と言える雰囲気
「ノリがいい」「カジュアル」な部分もあることは確かであり
実際に利用者に関しても、若年層が多くなっています。

とは言っても、「20代よりも30代が多いのでは?」と思われる
現代の「結婚式を挙げるカップル人口」の傾向を考えれば
「スマ婚」の利用者の年齢も、徐々に上昇してくると考えられます。

現場の感覚から、「30歳」は十分に若年層です。

「結婚式を諦めるカップルを無くす!」というコンセプトを素に
立ち上げられた格安ウェディングは、今後ますます増えていくと思われ
それを牽引する提供会社の1つであることは、間違いないはずです。

「直近割」で更にお得

スマ婚では「半年以内」に結婚式を設定されるカップルに
「直近割」という、更にお得なプランを提供しています。

「授かり結」といった、早くしないと・・・
でも、結婚式を挙げる余裕が・・・といった
事情を抱えているカップルに、好評を得ているようです。