「人前式(じんぜんしき)」とは、宗教や形式にとらわれない
自由な流れ・形式で行われる挙式スタイルであり
近年、急激に広まっているスタイルでもあります。

従来であれば、その他の形式(キリスト教式・神前式)を挙げていたカップルが
現在では、人前式を選ぶことが増えており
いわゆる「シェア」が伸び続けている挙式スタイルになります。

「人の前で行う」ということ以外に制限はなく
そもそも、挙式とは「本来はそういうもの」でもあります。

日本人にマッチしたスタイル

結婚式の自由度が広がってきている昨今ですが
「挙式」の部分に関して、<キリスト教>・<神道>が関わっている場合には
やはり、「形式」と呼ばれる<婚姻の儀式にまつわる流れ>が存在します。

  • キリスト教式であれば「讃美歌」「祝辞」
  • 神前式であれば「お祓い」「三々九度」

こういったものは、最初から「組み込まれているパート」であり
ある意味で「結婚式らしさ」を演出するものになります。

しかしながら「やらなければならない」という見方もできるものであり
こういった形式に「なんで?」と疑問を持っているカップルは
従来の中にもたくさんいたことが事実であり
その疑問は、結局は「その宗教じゃないのに」というものでした。

宗教を持たないことによる「挙式」への疑問

「仏教(お墓に眠る)」ことの多い日本人ですが
基本的には、「無宗教」と呼ばれることが多く
また、ゲストの方々も大半は宗教を持たないはずです。

そのため「結婚式だけ」特定の宗教形式にに当てはめることに
違和感を持っている人というのは、一般的にも意外と多いものです。

「婚姻の儀」とは、基本的に宗教にのっとって行うものであり
持っている人・家は、相応しい形式を採用できますが
無宗教の場合には、そもそもどうすればいいのかが難しい問題です。

そういった考えから、「なにかいい代替案」はないかということで

  1. 神様ではなく、「自分達」で結婚を宣言して
  2. 神様ではなく、「ゲスト」に認めてもらう

といった形式が採用され、「人前式」という
新たなスタイルとして、広まってきました。

本当に好きなようにしていいが

人前式には「きまり」がありません。

それは「流れ」だけでなく「場所」にも言えることであり
最近では、

  • 山の上
  • 海の上(ヨット)
  • 商店街

といった、様々な場所で行われており「チャペル」や「神殿」だけでなく
「好きなところで挙げる」ということも、可能なスタイルなのです。

ただし、必ず必要な内容として

  • 「私たち、結婚しました」と宣言すること
  • ゲストに認めて(承認して)もらうこと

この2つは条件であり、これらがなければやる意味がありません。

そしてその他のに関しては、「特にいらない」なのです。

とはいっても、

  • 指輪交換
  • ベールアップ
  • キス

といったものは、採用されることも多く
またゲストの代表者に「結婚証明書」にサインをしてもらい
「牧師さん」の役割をしてもらうことで
全てのゲストに結婚したことを、認めてもらったということになります。

この「内容」に関しては、いくらでも工夫することができるものであり
「手作り結婚式」の一部としても、人前式は注目されています。