「結婚式」という言葉を耳にした際には、

  • お母さんからのベールダウン
  • お父さんと腕を組んで「ヴァージンロード」を歩きながら入場し
  • 讃美歌で祝福を受け
  • 牧師の前で永遠の愛を誓い
  • そして、フラワーシャワーでの退場

以上のようなイメージを思い浮かべる人がほとんどでああり
そのイメージの舞台は、おそらく「チャペル」であることでしょう。

現代においては「スタンダード」

仏教徒が・・・

お宮参りは神社でやったのに・・・

と、キリスト教徒でもない人がチャペルで結婚式を挙げることに対して
一部で批判的な意見も聞かれることがありますが
やはり、現代の日本で最も多い挙式の形式は「キリスト教式」です。

また、それ以外の「人前式」であっても「ウェディングドレス」を着ている場合
「和装」と対を成す「洋装」と呼ばれることもありますが
そのほとんどが、チャペルで挙式を行うことになります。

基本的には「雰囲気」が大事

「チャペル」というものは「本当の」キリスト教徒にとっては神聖なものであり
「ステンドグラス」や「作法」など、本来であれば「決まごと」が多いものです。

神社において「参拝の前に手を清める」といったことと同じです。

しかし日本において、結婚式が行われているチャペルは
そのほとんどが、あくまで「形だけ」であり、言ってしまえば「ハリボテ」です。

しかし、これが「スタンダード」であり
特に抵抗無く受け入れられていることが「日本の結婚式の文化」でもあります。

本来は、チャペルの条件を満たしていないチャペルで行われています。

そんな野暮なこと言うなよ・・・

という声が聞こえてきそうです。

あくまで「楽しい・想い出に残る」ということが最優先であり
「雰囲気」を味わうことが出来れば、十分であるはずです。

本格的なものを望むのであれば

ということもあり「ホテルウェディング」を中心として
「結婚式のために作った」チャペルが設置されている会場がほとんどです。

しかし、中には「壮大なチェペルで」「出来るだけ本物に近い式を」
と考えている方は、女性を中心に多いはずです。

実際に「なんちゃって」ではなく、本物の教会に併設された会場や
チャペルにこだわっている「チャペルありき」の会場も存在します。

「挙式」に重きを置いているカップルは
会場選びの際に、非常に重要な要素になるはずです。