結婚式は「飛び込み」で出来るものではなく
また、簡単な予約だけで出来るものでもありません。

一般的な「飲み会」等であれば

  • 日程
  • 時間
  • 参加人数(ゲスト数)

これらを「先に」決めてから会場を探し始めますが
結婚式の場合は、少し順番が違うことも多いです。

「いつ」「どこで」が非常に大きな要素

結婚式の予約をする際には

  1. 「結婚式を挙げる日」は決めていて、会場は未定
  2. どうしても挙げたい会場があり、日程はいつでもいい(とりあえず二の次)
  3. 結婚式を挙げたい日も、会場も特に「絶対」がない

以上の3パターンのどれなのかによって、変わってきます。

「3」の、会場も日程も決めていないのであれば
よく2人で話し合い、また周囲の意見も聞き入れて
とりあえずデート気分で様々な会場を見学してみることをおススメします。

しかし、すでに「日程」「会場」の希望が
「強く決まっている」のであれば早めに行動に移す必要があります。

日程を決めている

日程を決めている場合、その日程で挙式・披露宴を
実施することが出来る式場を、探すことが優先されます。

特に、1つしか宴会場・パーティー会場がない式場の場合
人気のある式場の場合、競争率が高くなってしまいます。

その日程・時間の予約は「早いもの順」になるため
選択肢の多さや、早い決断が求められます。

なるべく、自分達のイメージに合う式場を「早めに」見つけましょう。

結婚式場の種類を知りたい

コンセプトごとのスベらない結婚式場ランキング

会場を決めている

「どの式場でやるか」という、会場が最優先事項の場合
会場を決定した後は、予約に必要なことは日程の調整だけになります。

結婚式を挙げる日程・日取りの決め方

会場へのこだわりが強く「ここで挙げられればいつでもいいや」
となりがちですが、やはり「社会人」として働いている場合は
「会社」や友人達のことを「自分達以上」に考慮しましょう。

また思い入れが強いだけに、準備段階でも冷静な判断が必要です。

決して自分達本意にならず、ゲストの満足度を考えた
挙式・披露宴・1日になるように心がけましょう。