結婚式の1日というのは、挙式と披露宴だけで終わるものではありません。

当日の「気合」や「万全な確認」はもちろんのこと、
披露宴が終わった後には、多くのカップルが「二次会」を企画しています。

場合によっては、そちらが「お楽しの本番」というカップルは多いはずです。

「二次会までは、結婚式の1日」という感覚と持っているカップルは
自分達の満足に加えて、ゲストの満足も重視する傾向からも増え続けています。

結婚式にとって二次会とは、非常に大きな要素であることは間違いありません。

「結婚式と同じ」では意味がない?

そもそも、なぜ二次会を企画するのか?

二次会とは、何のためのものなのか?

当たり前に開かれていたイベントも、お金に関するシビアな感覚はもちろん
その「意味」を求めるカップルが増えたことで、そのカタチが見直されています。

「二次会は、ひたすら楽しむだけのもの」

もちろん、楽しむことは何よりも大切なことです。

まして二次会というのは、上司・互いの親戚といった
悪い言い方をすれば、「邪魔者」と考えられる人達がいない
ただひたすらに、どんちゃん騒ぎをするための会という一面があります。

つまり、従来の二次会は「結婚式とは違う趣旨」が求められていました。

しかしながら、昨今では「二次会専門会社」が存在するほどに
「披露宴並みにしっかりとした二次会」が求められていることも事実です。

「ちゃんとした二次会」を企画するカップルが増えている

結婚式と同じく、二次会に関しても、来てくださるゲストあってのものです。

従来の二次会における、「ゲストのリスト」の作り方としては

  • 結婚式に呼べなかった人(時間的に難しい)
  • 結婚式に呼ぶほどには親しくない人

以上のどちらかがメインであり、更に「結婚式にも呼んだ人」も含まれました。

そして現在、結婚式を挙げるカップルの特徴的な傾向として
「呼びたくても呼べなかった」というゲストが非常に多いのです。

特に、予算の都合から「家族婚」や「少人数婚」となったカップルは
「本当はたくさん呼びたかった」というケースが目立ちます。

そういったゲストに向けて、「できる限り本当の披露宴に近い二次会」を
結婚式の当日はもちろん、「別日」に企画するカップルが増えています。

二次会というよりも、いわゆる「ウェディングパーティー」に近いものです。

ウェディングパーティーを開く方法

このウェディングパーティーという形は、「格安婚」を筆頭に
一般的な結婚式場・仲介サービスを利用して、企画することができます。

ウェディングパーティー形式にする際のメリット

結婚式・披露宴に比べて、よりカジュアルなウェディングパーティーのメリットは
やはりなんと言っても、「低予算」で挙げることができる点です。

それによって、

  • 普通の結婚式+ウェディングパーティー
  • ウェディングパーティーを2回挙げる

ということが可能になります。

結婚式を2回挙げたいカップルのためのおススメの式場の決め方

以上でも挙げましたが、「披露宴ほどは張り切らない」けど
「ウェディングパーティー(2次会)を気合を入れてあげる」カップルもおり

  • 家族婚
  • ウェディングパーディー

この両方を企画しているカップルの中には、家族だけの結婚式よりも
より多くの人を招く、パーティーの準備を念入りにすることも珍しくありません。

「張り切らない披露宴」が求められる時代ならでは

冒頭で挙げたように、「従来の二次会」はそれはそれで間違いのないものです。

一方で、最近は「二次会とは名乗らない二次会」
結婚式に呼ばれなかった(ゲストからしたら)場合でも
披露宴と同じくらい豪華であることで、満足度が上がるケースも見られます。

これは一次会、二次会と分けて考えず
どちらに参加しても、ゲストが感動できる式を目指す考えです。

そういった際に、「披露宴と二次会を足して割った感じ」というコンセプトは
非常に時代にマッチしているものであると考えられます。