結婚式の準備をしていくうえで、最も考慮しなければならないものが
何といっても「結婚費用」という、結婚式を挙げるための「予算」だと思います。

アンケート等でも
「結婚式を挙げるうえで最も悩んだこと」に挙げられることが
多いものが、この「お金」にまつわる要素であり
準備段階で、カップル同士・対会場で「揉める」
原因となることも、非常に多いものになります。



結婚費用って、どこからどこまで?

そもそも「結婚」という、人生の一大イベントには

  • 新居
  • 家具
  • ハネムーン

等々「お金のかかる」要素がたくさんあります。

これに加えての「結婚式用予算」であり
「どこからどこまで」という範囲は、カップルそれぞれです。

ただ「結婚式の予算」とした場合

  • 挙式・披露宴(当日「会場内」でかかるお金)・・・平均約330万円
  • ご祝儀の合計額・・・平均約230万円
  • カップルの「自己負担額」・・・平均100万円

また、これらは「ゲストの人数60~80名」という
「一般的な規模」の場合の「平均的な平均」となります。

更に、これらに

  • ブライダルエステ
  • 打ち合わせ(試着・メイクリハーサル)の交通費

といったものが加算されることになります。

ちなみに、挙式・披露宴の3分の1が「料理・ドリンク代」となります。

「お金」に関する要素が、劇的に変わってきている

以上に挙げた平均値というのは「今までの」平均であり
ここ5年程(2010年頃~)「結婚費用」の総額が、劇的に変わってきています。

簡単に言うと「ピンキリ」になっています。

  • お金をかけるカップルは、昔と同じで「それなりにかける」
  • うまく節約して「トントン」にする
  • 徹底的に削って「黒字」にしてしまう

ただし、3つ目のパターンの場合「ケチったな」と思われることも多く
最も大切な「ゲストの満足感」を損なってしまうことも考えられます。

特に、年配のゲストの場合は「結婚式は、ある程度自腹を切るもの」
と考えている方も多く「今後」を考えた場合、得策ではありません。

予算による会場の選び方

「格安ウェディング」という選択肢も

うまく節約する「格安婚」専門代理店が増えてきた

ただし、ここ数年で「格安ウェディング」と呼ばれるものを
提供する代理店(プロデュース会社)が急増し
それに伴い、利用するカップルも増えてきていま。

「予算はないけれど、どうしても結婚式を挙げたい!」
というカップルが、諦めなくてすむようになってきています。

「ケチる」のではなく

  • 無駄を削る
  • 従来の価格を見直す

ある意味、結婚式業界の「タブー」に切り込んだコンセプトであり
「それほどグレードを下げずに」費用を抑えた結婚式を
専門のスタッフと一緒に、築き上げていこうという形態です。

予算が限られてしまうというカップルは
ぜひ、一度相談に訪れてみて欲しいと思います。

>>>今最もおススメの格安結婚式のプロデュース会社に相談に行ってみる