当サイトは、「結婚式場選び」という
結婚式を挙げるための、最初の一歩を間違えることなく
2人に相応しい会場の探し方、そして決め方を提供してきました。

どんな会場が、自分達に合っているのか

予算によって、どのくらいの選択肢が存在するのか

どうやって予約すれば、最もお得なのか

様々な角度から、考えられる手段を提供してきましたが
そこでもう1つの「どこがいいのか」とは異なる、式場選びの要素として
「いつまでに決めればいいのか」といった、疑問が発生することかと思われます。

↓↓早めでもギリギリでもお得なのが「ハナユメ」!!

「半年前では遅い」けど「お得」になる場合も?

まず最初に、あくまで「一般的な式」のケースを考えた際には
結論として、「10~8か月前」の間に決めておくべきと言えます。

結婚式の準備は、基本的に「半年は短い」と考えましょう。

また、「万が一、式場を変える」という事態になった場合には
早いほど「キャンセル料」のリスクが少なく、また「選びなおし」ということになるため
その期間も考慮した際には、やはり「10か月前には」と考えましょう。

もちろん、1年以上前から決定しているカップルも珍しくなく
というよりも、10か月前には決まっていることの方が多いと言えます。

「遅いから」お得になる「直近割」

以上は、あくまで「従来の結婚式」を想定した場合です。

最近の結婚式は、準備期間が短い傾向があり
その理由は、やはり「効率化」にあります。

長く続く結婚式の文化も年月を経て、繰り返すごとに
会場(企業)・カップルともに、負担の少ないシステムを確立してきました。

「準備期間が短くてすむ」というのは、カップルが集まる1つの特徴ともなっています。

また「直近割」と呼ばれる、結婚式までの期間が短いことで
よりリーズナブルにあんるプランを提供している会社(会場)も
「格安ウェディング」を中心に、一般的なものとなっており
「授かり婚」「海外赴任」といった事情を抱えるカップルに好評となっています。

「候補」を挙げるのはいつでもいい

そもそも、「候補に挙げる」だけであれば、いつでもいいのです。

特に女性に関しては、「絶対ここで挙げる!」といった強い意志や
「こんな雰囲気がいいな~」という思いは・・・

いつから持っていても問題ありません!

いざ「この人と!」となった際に、すぐに候補を挙げることができることは
あらゆる点で、非常にメリットの多いことと言えます。

早いほど「あらゆる点」でお得になることが多い

そしてこの「早い決定」というのは、「準備期間の余裕」という点に加えて

  • 価格
  • 選択肢

以上の、2つの点においても大きなメリットといえます。

格安ウェディングが、一般的な結婚式に比べて
リーズナブルに挙げることができる理由として
「枠を制限している」ということが挙げられます。

格安ウェディングによって、結婚式を挙げることができる会場の数・選択肢というのは
急激に増加していますが、そこではもちろん一般的な結婚式も挙げられており
「埋まらなそうな日・時間」を、ゆずってもらっていることで低価格を実現しています。

それによって、内容を極度に落とすことなく
「根本的にリーズナブル」な土台を作っているのです。

しかしながら、やはり「数が限られる」というデメリットが存在するため
特に人気の会場は、すぐに埋まってしまうことが顕著です。

上記した「直近割」というのも、「空いている会場」から選ぶため
価格をリーズナブルに抑えることができる、という事情があります。

「多くの選択肢」から「安く選ぶ」ためには
早めに「ここにします!」と「言うための準備」が必要であり
そのためには、「会場見学」等も早めに済ませましょう。

焦らず、慎重に選びましょう。

「格安ウェディング」の詳細・提供会社の紹介

この仕組みというのは、格安ウェディングに限ったことではなく
会場ごとにも「早得キャンペーン」といったものを提供することは珍しくありません。

昔は「値引き」という概念が非常に小さかったブライダル産業も
現在では、しっかりと「条件ごとの価格差」を提供しています。

その結果、「早い者勝ち」は、会場決定の真理と言えるポイントとなったのです。