結婚式は、「(基本的には)一生に一度」となるはずのイベントですが
現在では(同じ相手と)1回だけでなく、2回に分けるカップルも珍しくなくなりました。

過去に芸能人の方が、何度も挙げていることが話題になりましたが
ある程度の著名人の間では、複数回結婚式を挙げることは以前から見られるものでした。

そしてこれは「有名人だから」とうことではなく、ある特徴を持つカップルに多く
それは「お呼びしたいゲストの方々が多い」といった、「一度で収まらない」こと
また「一気に集まる」ことが、現実的に難しいという理由であることが多いと言えます。

もちろん、「ただ、ただ、2回挙げたい」といったケースもあり
そういった場合というのは、

  • 海外挙式
  • 帰国後の披露宴

というパターンが、一般的です。

加えて、「2人とも都内で生活しているけど、元々は地方出身」という場合に
都内で会社関係・現在の交友関係を挙げた後に、故郷でもパーティーを行う
また逆に故郷で結婚式を挙げてから、都内でパティーを開くカップルもいらっしゃいます。

以前であれば、「仕方がないから、2回挙げる」というケースが多かったのですが
現在では、最初から「2回挙げることができる!」として
それぞれ異なるコンセプトのパーティーを、催すカップルも見られます。

基本的には、人生において一度だけしかないタイミング・イベントであり
もちろん準備は大変ですが、思い出も2倍となることは間違いありません。

やはり気になる「お金」のこと

結婚式を2回挙げることに関して、最も気になること・躊躇してしまう理由は
やはり「お金」に関することであると思われます。

そもそも結婚式を2回挙げることが、珍しいことでなくなったのは
結婚式を挙げるための費用が、ひと昔前に比べてリーズナブルになったためですが
やはり「1回よりはお金がかかる」ということは、当然のことでもあります。

だからこそ、「挙げ方」に関する工夫が必要であり
冷静に「全体像」をイメージすることで、その「配分」を決めることが先決です。

「それぞれ」に何を詰め込むか

まずは、2回(複数回)挙げる際のコンセプトを決めていきます。

例として、

  • 1回目は「家族挙式」・・・ちゃんとする
  • 2回目は「友人のみ」・・・気楽なパティー

といった、1回のパーティーの「意味」が大切です。

また最初の片方の内容を決めることで、もう片方の内容も決めやすい場合があります。

  • 家族式は「会社関係」の方を呼ぶのか
  • 呼ぶなら2回目は友人だけでできる
  • 呼ばないのであれば2回目に呼ぶ

また海外挙式は近しい家族だけで親族は呼ばないのであれば
2回目は「国内で普通の結婚式(両親・親族含む)」といパターンもあります。

「挙式1回」が一般的

以上はそれぞれに利用者の多い、典型的な例であり
基本的には、両親・親族を含めたものパーティーは必ず一度設けましょう。

儀式としての結婚式というのは、家族と家族がつながるためのものであり
「しっかりとした挙式」を挙げる際に、家族・親族の出席が望ましいと言えます。

いわゆる「ウェディングパーティー(披露宴)」は、複数回挙げても
儀式である「挙式」というのは、1回だけということが一般的であり
そのため挙式の有無によって、規模を考えていくことも必要です。

具体的な「配分」を考える

そしておおよそのコンセプトを決めた後には、具体的な内容を決めていきます。

その際にも鍵を握るのはやはりお金であり、その配分をどうするのかですが

  • それぞれ半分ずつ
  • 1回目に2分の1・2回目に3分の1

という、単純な決め方の他にも

  • 1回目はご祝儀制
  • 2回目は会員制

という選択肢ができる現代は、より挙げやすい環境と言えます。

実はメリットが多い「会費制の結婚式」が挙げられる会場はどこ?

以上でも紹介していますが、会員制はカジュアルなパーティーに人気の制度であり
また「総額」も計算しやすいため、あらゆる場面でおススメの形式です。

そのため、

  • ちゃんとした方はご祝儀制
  • カジュアルなパーティーは会員制

といった方法もおススメです。

親族のみで挙式だけ挙げるパターンに関しては、

挙式のみ・披露宴なしの結婚式の費用はどれくらい?

以上を参考にしていただき、規模による違いをイメージして欲しいと思います。

無理をしない・気軽に何倍も楽しむ

可能であれば、「両方とも普通の結婚式」を挙げたいカップルは多いかもしれませんが
お金はもちろんのこと、「準備」も大変であることから

  • 普通の結婚式
  • カジュアルな結婚式

この2つのセットが、現実的におススメの組み合わせになります。

あとはそれぞれの内容を決まるだけであり
上記したように、会員制等を組み合わせてぜひお得に組み立てて欲しいと思います。

その際には、式場を決まる段階で様々な仲介サービスに相談に行きましょう。

2回に分けることで、それぞれ別の会社で利用できること
また2回利用することで、よりお得に挙げることができる可能性があります。

>>必ず相談に訪れて欲しいおススメの仲介サービスはこちら