結婚式は「大安」に挙げる

ということが一般的に望ましいことは、常識として知られています。

また「友引」はその名の通り「友人を結婚へ」と導く意味で、好まれて選ばれていました。

「お葬式」とは、間逆の考え方です。

冠婚葬祭等の参考にされる「日の巡り」は、「六曜」と呼ばれ

  • 大安
  • 友引
  • 先勝(せんしょう・さきがち)
  • 先負(せんぷ・さきまけ)
  • 赤口(せんこう・しゃっく)
  • 仏滅

と6種類あり、その中でも午前・午後・朝・夜と細かく分かれます。

基本的には、「大安」「友引」に上げる人が多く
実際に、この日は人気が高く競争率も高くなります。
(基本的に早いも勝ちです。高くなる会場も多いです。)

また、一昔前はどちらかに挙げることが「当たり前」でした。

日本においては、公式の習慣ではないようですが
年配の方は「とても」気にする方もいます。

日取りに加えて「時間帯」も頭の片隅に




また時間帯に関しては披露宴が、「遅めのランチ」となることが好ましく
2次会等を考えた際にも、13時前後が丁度いいようです。
(披露宴は通常2時間30分・挙式は披露宴の1時前)

ちなみに「挙式が10時」というのは、「少し早い」と感じる人が多いようであり
やはり、12(13)時挙式・13(14)時披露宴を理想とするゲストが多いようです。

しかし、六曜では基本的に「午前」が縁起がよく
「午後」が縁起は悪いという矛盾もあります。

どの程度気にするべき?

現在では、特に若い方は六曜に関しては
はっきり言って、ほとんど気にしません。

しかし、年配の親戚の方や上司の方は「常識ハズレ」と感じる人もおり
また、家庭によっても「何を考えてるんだ」となる可能性もあるため、注意が必要です。

心配な場合は、相談・様子を伺ってみましょう。

「あえて選ぶ」ことによってリーズナブルになる仕組みも

一方、この日取りや時間帯に関して
人が避ける日・時間に挙げることで安くなることは多いです。

昨今、急激に拡大している「格安結婚式」
この仕組みを利用した割り引きを採用している会社が多く
「お客が集まらない日・時間」を選ぶことで、価格を下げているケースも多いです。

特に「時間」はゲストへ配慮すべし

結婚式は、2人の「自己満足」のために挙げるものではありません。

必ず、ゲストへの配慮が必要です。

安く上げることが出来たとしても、ゲスト印象が
悪くなるようなことは、絶対に避けるべきです。

特に、「遅すぎる」結婚式には注意が必要です。

遠方にお住まいの方が帰れなくなってしまったり
タクシーを使うことになってしまったりする場合もあります。

基本的には、昔から「お祝い事は日のあるうちに」と考えられてもいます。

また、早すぎる結婚式も遠方から来る方にとっては

  • 始発で間に合わない
  • 「前乗り」する必要があるな

といった、不便をかける心配があります。

時間帯の不満は、意外と多いです。

更に、平日に挙げると一気に安くなる場合がありますが
サービス業以外では、なかなか都合をつけることが難しい現実もあります。

こういった面からも、「ゲストの都合」が最優先事項になります。

特に、年配の方には様々な面のから配慮が必要なため
意見を伺ってみて決めることをおススメします。