結婚式を成功させるためには、まずは結婚準備の最初の一歩である
「結婚式場探し」が最も重要であることは、当サイトでは何度も解説しています。

が、しかし、

ほとんどのカップルが「なんとなく」決めることが多く
それでいい、と思えることもたくさんあります。

というのも、結婚式場を選ぶうえでは「直感」という要素も重要であり
細かい部分まで突っ込んで調査したり、理想に完璧にマッチした式場を探そうとしても
なかなか見つからないことになり、時間ばかりが過ぎていくことになります。

そもそも、万人に完璧な式場があるとすれば、みんなが殺到するはずです。

大切なことは、「自分達」にとって<都合の>いい式場を選ぶことなのです。

最も大切なことは最も単純なことでもある

「なんとなく決めている」とは言っても、実際には「前提」があります。

それは「式場」と「自宅」との距離です。

これは当たり前の要素、前提中の前提と言える要素です。

首都圏であれば、埼玉・千葉在住のカップルが
東京・神奈川の結婚式場を選ぶこと、また逆も珍しくはありません。

しかしながら、北海道在住のカップルが、京都の式場で挙げたり
福岡在住のカップルが、静岡で挙げること(逆も然り)は
「どちらかの実家がある」という場合を除き、非常に稀になります。

「海外挙式」といった特別な場合を除き
いくら「理想に近いかも」という希望があったとしても
片道2時間以上の会場を選ぶことはありません。

というよりも、選んではいけません。

「通いやすさ」という点は、決して小さな要素ではなく
準備を進めるうえで、非常に重要な意味を持っています。

これから何度も「打ち合わせ」に通うことになるためです。

まずは「家から近い」これが第一条件になります。

情報があふれ・探す方法はいくらでもある

そうすると、会場数が大分絞れる

と、思いきや、

家から近い会場というのも、意外と多いものです。

日本は、結婚式場が特別に多い国でもあります。

結婚すること、結婚式を挙げるまで知らなかった・気づかなかった会場も
「あそこにもある」「あそこでもできる」「けっこういいかも!」という、発見があるはずです。

そして、それらを知るための手段も非常に多いものになります。

結婚式を挙げることになったとたんに、電車・バス内の結婚式場の広告が目に付き
また定番の「ゼクシィ」を手にとることで、一気に情報が増えてくることになります。

まずは「直感」を大切にしてもいいですし
本来であれば、しっかりと自分達の理想を明確にしてから
その「答え合わせ」をするために、めぼしを付けた会場に訪れることになります。

>>>最新のフェア情報・気軽な会場見学の予約はコチラから

「プロにアドバイスをもらう」ことが一般的に

しかしながら、結局どれがいいのか見当がつかない
よさそうな会場が多すぎて困っている、といった場合には
「プロ」に相談し、アドバイスをもらうこともおススメの方法になります。

最近では「ゼクシィ」以外の代理店・仲介業者がも増えてきており
更に、式の内容まで一緒に考えてくれる「プロデュース会社」に相談し
式場決定・準備までを楽にする、という手段が非常に一般的になってきています。

そして、そういった会社を利用することで
結果的に、費用面に関してお得になることも多いです。

総合仲介会社




「マイナビウェディング」についての詳しい解説はコチラ

「Hanayume ハナユメ」についての詳しい解説はコチラ

格安プロデュース会社




「得ナビウェディング」についての詳しい解説はコチラ

とにかくいくつか「家から近い」候補会場を挙げてみて見てみる

とにもかくにも、まずは「家から近い」ことを前提に
「いくつか候補を挙げる」という、ことを始めてみましょう。

この候補選こそ、「本当になんとなく」で大丈夫です。

「ちょっと違うな」と思ったら、また別の会場を探せばいいだけなのです。

そしてこの候補は多ければ多いほど、いいものになりますが
会場見学の時間等を考慮した場合に、3~5会場を挙げてみましょう。

もっと多くてもいいですが、最低3か所は回ってみて「比較」をしましょう。

その際「最初に見た式場」は、「よく見える」「悪く見える」という極端な傾向があるため
見学後にネット等でもう一度調べてみる、という過程を必ず実行しましょう。

 

※「ゼロからの式場選び」のための参考ページ
>>式場選びに失敗しないために大切なこと

>>「定額制プラン」で結婚式を挙げたいカップルは「ハナユメ」がおすすめ!

>>結婚式場の賢い選び方~ブライダルフェア・会場見学ではどこを見るべき?

>>2017・8年に挙げるならどんな結婚式場・どこの会場がいい?