これだけ多くの結婚式場が存在する日本においても
常に新しい結婚式場が、建築・計画されており
また近年、結婚式を挙げるカップル数が再度増え始めたことから
「リニューアル」して、再出発する会場も多く見られます。

こういった会場は、やはり一定の人気があります(出ます)。

特に、オープン前からプロモーションを行っているような
大規模な会場の場合には、早い段階から予約が殺到することになります。

こういった会場を選ぶことは、決して「ミーハー」というわけではなく
ゲストの方々にとっても、いい経験・思い出となるはずです。

「最新の結婚式に参加」というのは、なかなか経験できるものではありません。

まず「挙げる方法」に関しては、それほど難しくありません。

プレオープンのブライダルフェアや、当サイトでも紹介している
各種仲介・プロデュース会社に訪れ、予約するだけです。

打ち合わせ等に関しては、オープンする前の会場や
また施設ができていない場合等は、仲介会社に会場プランナーが訪れ
工事などがひと段落するまで、会場外・グループ会場等で進めることになります。

今回は、そういった新しくオープンした会場を選ぶことに関する
メリット・デメリット、注意する点、コツ等を紹介したいと思います。

やっぱり「綺麗な場所」でやると気持ちがいい!

オープンしたての会場で挙げることに関する
最大のメリットは、やはり「設備が綺麗」という点になります。

新しい=綺麗なのは、当たり前のことになりますが
これは非常に大きなメリットであり、挙式・披露宴会場だけでなく
ゲストの方々が利用する、トイレ等も汚れていないことは「ポイント高し」です。

「会場の老朽化」という点に関しては、たとえ古い会場でなくても
むしろ流行っている会場であればあるほど、実は多いものです。

流行っているがゆえに「空き」がなく、工事する時間がないのです。

そういった事情から、一旦閉めてリニューアルする会場もあります。

最新の設備の恩恵を受けられる

そして、ただ綺麗でけでなく、最新の設備による「演出」「オプション」等も
新しいがゆえに、「一気に導入」されることも多いです。

最近では、「プロジェクションマッピング」のような
光の演出等も一般的になっており、設備の進化によって
よりリーズナブルに提供できることから、取り入れるカップルも多くなっています。

こういった演出の内容に関しては
会場全体の設備・コンセプトも合わせる必要があり
大規模な工事によってでしか、導入できない事情があります。

↓↓新しい会場は新しい会社でチェック!!

スタッフが慣れていないかも?

そして新しい会場の最大のデメリットは、従業員が「不慣れ」ということです。

結婚式場というのは、実際に稼働するのは「土曜日」「日曜日」ということもあり
普段は別の業務をしているスタッフや、アルバイトの人がサービスをすることもあり
ある程度経験を積めていれば、慣れてくるのですが
オープンにあたり、一括採用している場合には注意が必要な場合も・・・

また、たとえベテランスタッフであっても
新しいがゆえに、勝手がわからず
高いサービスを提供できないことも考えられます。

これはプランナー、当日スタッフ全てに言えることです。

こういった地味な弱点もがあることも、考慮する必要があります。

といっても、気合を入れてオープンするからには
熟練スタッフを手配するのは、他の業界と変わらないことであり
「あまりにひどい」ケースは、最近では見かけません。

イメージしづらい

そしてやはり「全貌がつかめない」点も、やむ負えない注意点です。

箱(会場)が完全にできていれば、内覧等もできますが
ギリギリまで立ち入りできないこともあり
自分たちが挙げている「画」をイメージするのは難しくなります。

また何しろ新しいというこおは、「経験カップル」がいないということであり
「口コミ」といったものも、目にすることができません。

担当者に、しっかりと「根ほり葉ほり」聞きましょう。

おススメの新築・リニューアル結婚式場

すでに、やや時間が経っていますが「みなとみらい地区」の
「アニヴェルセルみなとみらい」は、カップル・ブライダル関係者の間でも
完成前から非常に話題にななっており、ふたを開けてみれば大盛況。

開業以来、満員御礼のようです。

「アニヴェルセル」グループの本当の評価についてはコチラ

まるで「遊園地」「ディスニーランド」のような外観や
海(湾)のうえのゲストハウスのコンセプトは、ウケないわけありません。

また、アクセスといった面も申し分なく
新しい会場で挙げるなら「こういった感じ」の会場にしましょう。

今後期待の最新会場

これからの最新・新築会場という点では

  • Casa d’ Angela Aoyama(カサ・デ・アンジェラ青山)
  • The Grand GINZA(ザ グランギンザ)

以上の会場は、立地等条件や規模等を考えて
「しっかりしてるんだろうな~」「流行るだろうな~」という印象があります。

「ある程度」という点では、間違いない気がします。
(開けてみないと実際のところ断言できないんですよね~)

また、有名どころでは「八芳園」や「ストリングス銀座」「リビエラ青山」
これらの会場は、2017年後期にリニューアルオープンするみたいですね。

「八芳園」と「和婚会場」の本当の評価についてはコチラ

「リビエラグ」ループの本当の評価についてはコチラ

冒頭で紹介したように、「カップルが途切れない」という事情で
なかなか改装できなかったようですが、やっと決めたようです。

「ある程度の規模」が必要かも?

もしこれから結婚式の準備を始めるとして、新しい会場から選ぶ際には
やはり「グループ会場」「ある程度大規模な会場」が無難と言えます。

上記の「スタッフが不慣れ」というリスクも抑えることができ
大きなグループとうのは、そスタッフ教育に関してもハイレベルです。

またある程度「資本」「ノウハウ」があることも重要であり
新たに出店する時点で、大丈夫かとは思いますが
「設備をケチっていない」ことも重要です。

せっかく新しいのですから、それなりのものを求めましょう。

いずれにしても、その会場の歴史を作るのは
そこで挙げるカップルであり、先駆者としての満足感が得られることも
新しい会場で挙げることの、大きなメリットと言えるはずです。

新しい結婚式場に関して
>>ゼクシィで情報収集をしてフェア・会場見学に参加してみる

>>「マイナビウェディング」に相談してみる

>>「ハナユメ」に相談してみる