2人が「結ばれる」儀式である「挙式」
お互いのパートナーを紹介する「披露宴」
必ずしも、同じ会場でなければならないわけではありません。

もちろん、両方とも同じ会場で催すカップルがほとんどであり
「少しだけ」珍しいことかもしれませんが、そういったカップルは大勢いらっしゃいます。

特に「神前式」の会場を持たない「ホテル」や
挙式施設自体がない「レストラン会場」で披露宴を開く場合に
「挙式にもこだわりたい!」という思いがある場合には
少しだけ手間がかかることにはなりますが
「外式」と呼ばれるスタイルを検討してみましょう。


まずは気軽に相談してみる

日本の結婚というのは、あくまで1つのイベントであり
何よりも披露宴を楽しみたいという傾向があります。

そのため、挙式会場が豪華だとしても
はっきり言ってしまえば「作り物」になります。

そのため、「神前式」を中心に「本物志向」のカップルは増えています。

有名芸能人が「和婚」をする傾向が増えたため
ここ数年で一気に広まったような気がします。

決して珍しくないケースであり、ほとんどの会場で可能なスタイルです。

結婚準備を一緒に進めていく「ウェディングプランナー」というのは
基本的に「披露宴」を開く会場のスタッフになります。

しかし「外式」自体は、多くのプランナーが経験していることであり
「挙式は別の会場で検討しています」と最初に言っておけば
すんなりと段取りを一緒に考えてくれるはずです。

心配は要りません。

>>>「披露宴会場」を探す

披露宴会場を探していて、外式を検討しているカップルというのは
ほとんどが「挙式をする会場」がすでに決まっていることが多く
「挙式会場に近い場所」で、披露宴を検討しているはずです。

外式において、最も鍵を握る要素が正に「移動」なのです。

一番注意して準備すべき「移動」に関すること

挙式と披露宴を別の会場で挙げるカップルが
最も段取りに苦労する、そして最も入念に準備すべき要素が
ゲストの「移動」に関するものであり

  • 移動手段
  • 移動時間

様々なものを考慮する必要があります。

とは言っても、それぞれに手段はたくさんあり

  • バスをチャーターする
  • 人数が少なければタクシーで
  • 「挙式会場集合」にして受け付けは後にしてもらう

といった、「移動自体」はどうにでもなるものです。

それとは別に、
時間がかかることによって、料金が発生してしまう場合や
どうしても、時間の融通がきかないという会場もあります。

また「足代」をどうするのか、といったことが現実的な問題になりますが
予算や状況に応じて、プランナーと決めていけるはずです。

主に「神前式」においては「ご親族のみ」という形が多いですが
中には特別親しいご友人にも参列していただくこともあります。

そういった「参加人数」も、考慮すべき要素になります。

場所が違うだけで「他の要素」は変わらない

挙式と披露宴で、2つの会場を利用することは
なんだか大事のように感じてしまうかもしれませんが
基本的には「移動」に関する要素を、しっかり手配しておけば
その他の要素は、普通の結婚式となんら変わりません。

特別に高くなることも少なく(場所が変わるだけで「会場使用料」には劇的な差はない)
「写真」といったものも代わり映えも、2倍になるため
ぜひ検討する価値のあるものだと思います。

>>>「挙式会場」にぴったりな「披露宴会場」を選ぶ