まず最初に、

基本的には、何らかのかたちで
自分達が挙げることになる結婚式場は、見学するべきものです。

基本的には、というよりも「絶対」と言えるものであり
「新郎新婦が一度も見たことのない会場挙げる」ということは、実際にはないと思われます。

稀に、新郎と新婦のどちらかが「海外転勤中」で
尚且つ帰国後にすぐ結婚式を挙げる、というケースでは
「どちらかしか、会場を見ていない」こともあるにはありますが
最終的に挙げることになる会場は、やはり「二人で見て決める」ということが大切です。

しかしながら、あくまでまだ「見るだけ見たい」という段階や
「ちょっとだけ・軽く見てみたい」といったことであれば
「わざわざ行く方がめんどう・・・」という場合もあるかもしれません。

そういった際には、ぜひ「会場に行かなくても」ちょっとだけ行った気になれる
昔なら考えられなかった、現代ならではのサービスを利用してみて欲しいと思います。

「マイナビウェディング」の「バーチャル見学」

とは言っても、そんなに大それたものでもありません。

しかしながら、「思っているよりも」価値のあるものでもあります。

「マイナビウェディング」がリリースした「バーチャル見学」
今流行りの「360°カメラ」によって、1枚の写真としてではなく
前後左右、そして「上下」までもチェックすることができる機能になります。

「シャンデリア」や「天井の高さ」といったものも気になるものである
式場の設備を把握するには、ぴったりのコンセプトと言えます。

>>「マイナビウェディング」のホームページで気になる会場をチェックする


「候補」をしぼりやすい時代

バーチャル見学ができる会場・その中の範囲というのは
まだまだ限られており、「イマイチつかめない・・・」と感じることもあるかもしれません。

しかし「マイナビウェディング」の公式ホームページは、
「雰囲気が分かりやすいように」ということにも重点がおかれ
確認できる写真の数や、「キラーカット」以外の
一般的な写真のも、非常に充実していることが特徴です。

今回はあくまで機能の紹介であり、またチェックすることができるのは
設備や雰囲気」だけになりますが、こういった新しいサービスを
続々と導入している「マイナビウェディング」は、結婚式場仲介サービスとして
着実に実績・利用者を増やしている、参考にすべきサービスと言えます。

ネット上でチェックできる要素が多いことによるメリットは
言うまでもなく、「わざわざ行く必要がない」ということです。

できるだけ多くの会場を、見学すべきことに変わりませんが
多すぎる場合には、現実的に全て自分達の目で見ることは難しいことも多いはずです。

そういった際にも、「本当に見るべき会場」を選ぶハードルが低くなっています。

参考になる資料・情報が多いことは、結果的に選択肢が増えていることと同じことなのです。

やっぱり最後は必ず「足を運ぶ」




バーチャル見学をはじめ、昨今ではネット上で確認できることもたくさんありますが
同時に、実際に現場に足を運ばなければ分からないこともたくさんあります。

何より、「テンション」が違うはずです。

自分達の目で会場をチェックする際には、
「ブライダルフェア」への参加がベストと言えますが
全ての会場の開催に予定を合わせるのは、なかなか難しいことでもあり
実際には、普通の「会場見学」を利用しているカップルが多いと言えます。

予約は非常に簡単なので、できるだけ多くの会場にぜひ訪れてみて欲しいと思います。

ブライダルフェアに行けないカップルは「会場見学」に必ず参加!

会場を見学しただけで、お金を取られたり
強引な勧誘等は、今の時代は基本的にはないものです。
(もし、されたらその会場は絶対にやめておきましょう。
実際には、担当者によってじゃ「ない」とは言えないことでもありますが・・・)

より効率的な判断をするために

上記しましたが、ネット上(実際に行かなくても)で確認できることと
行かなければ分からない内容というのは、明確な場合とそうでない場合もあります。

また、人(カップル)によって「必ず見たい」「見なくてもいい」対象や
要素の線引きに関しても、それぞれ異なるはずです。

そのため、「楽をすること」と「めんどくさがらないこと」の両方が大切であり
手間を節約すること、積極的に手間をかけることを、明確にすることが大切と言えます。

最も一般的な結婚式場の探し方~みんなどうやって決めてるの?~