日本においては、いわゆる「結婚式」というものは
「挙式」と「披露宴」という2つのパートで成り立つものが多いと言えますが
文化的・宗教的な「婚姻の儀」という側面から見た場合には
<挙式>こそが、本来の意味での<結婚式>と言えます。

もちろん世界中の結婚式で、結婚式の後には「宴」があることが一般的であり
日本における文化としても、素晴らしいものであると思います。

しかしながら、

披露宴の高砂にいる時間が恥ずかしいな・・・

予算的に心配だな・・・

という方や、「授かり婚」といった事情から
「披露宴は現実的に難しい」といったことも、珍しくはありません。

そんな中でも、「カタチだけでも、結婚式は挙げたい」というカップル
また「壮大なチャペルに全てをかけたい!」という方も珍しくはありません。

ここでは「挙式のみ」という形で、結婚式を迎える際に
流れ・予算・会場決定は、どのようなものになるのかを解説したいと思います。

基本的には「披露宴がなくなるだけ」




「挙式のみ結婚式」の準備に関しては、それほど悩む・心配することはありません。

現在ではシステム・段取りも十分に整っており、非常に気楽に挙げることができます。

内容に関しては、まさに「披露宴がなくなった結婚式」であり

当日の段取りとしては、

  • メイク・着付け
  • 挙式
  • 記念撮影・ブーケトス・・・etc

といった、非常にシンプルなものになります。

もちろん披露宴が無い分、圧倒的に準備は楽になります。

いわゆる「結婚式の準備」とは、「披露宴の準備」でもあるのです。

「リーズナブル」だが「全額自腹」も覚悟しておくべき

言うまでもなく、挙式・披露宴の内容に比べれば費用は安く抑えることができます。

通常の内容であれば、「料理」「サービス料」といった点からも
「披露宴の方がかかる」こと一般的であり、劇的にリーズナブルになることは当然です。

しかしながら、一般的な結婚式と異なる点として
「全くご祝儀が貰えない可能性もある」ということを忘れてはなりません。

披露宴も行う際の、ご祝儀の目安は「3万円」ということが一般常識ですが
挙式のみの場合には「ご祝儀は相手任せ」ということになります。

基本的敵には「お祝い代として1万円」として認識されているようですが
全員からいただける保証はなく・・・最初から期待はするべきでない、と言えます。

しかしながら、挙式のみで挙げよう!というカップルの方は

  • 最初から全額自腹で挙げるつもり
  • 来てくれる人が来てくれればいい(挙げる報告だけして自由参加)

といった感覚を持っていることが多いと思われます。

一般的な結婚式であれば、「赤字」となることがほとんどであり
最近では「挙式のみなら10万円以内で挙げられる」というサービスも増えているため
一般的な結婚式の赤字額に比べれば、十分に少ない額になると思われます。

スタンスの違いによって「探し方」も異なる

実際には、挙式のみの結婚式の費用というのは

  • とにかく形だけでも挙げたい(式場はこだわらない)
  • 挙式のみだから「ゴージャス」に

というスタンスによっても、大きく異なります。

またこの感覚の違いによっても、「探し方」「選び方」を変える必要があり
それぞれに適した、お得な・効率的な手段をとりましょう。

少人数ウェディングの専門サービスを利用する

まず最もおすすめの方法が、「少人数専門」
結婚式場の仲介サービスを利用することです。



少人数専門会社であれば、基本的に「挙式のみ」も扱っており
仲介サービスと言うよりも、「プロデュース」に近いことから
「ドレス」「メイク」といったことも、全て手伝ってくられるため「楽」です。

何より、非常にリーズナブルな価格で挙げることもでき
現在は会場の選択肢に関しても、非常に幅広くなっています。

挙式のみを希望しているのであれば、一度は必ず相談に訪れるべきと言えます。

>>少人数結婚式専門の仲介サービスを見てみる

「こだわり」があるなら徹底的に探す

「チャペルには、こだわりたい」というカップル
また、「すでに候補が決まっている」というケースもあると思われます。

そういった場合には、徹底的に見て・比べる
また探すことから始めるべきであり、候補は多いほどいいものです。

その際には、一般的な結婚式と同じく「ゼクシィ」で探すことも
また新しい総合仲介サービスである「マイナビウェディング」もおススメです。

「挙式しか挙げられないけどとてつもなく壮大なチャペル」

といったものは存在し、密かに人気があるものです。

とにかく「場所」にこだわりたいのであれば、
挙式のみも、式披露宴も、同じものであり
十分に時間をかけて、自分達なりに検討しましょう。


「お食事会」「ウェディングパーティー」も年のため考えておく

最初から「披露宴はやらない!」と考えていても
両親・親族との話し合いの結果、「お食事会だけでも」となることも珍しくありません。

また、「ちゃんとしたヤツは恥ずかしい」と思っているけど
「ウェディンパーティー」は検討している、というカップルは増えています。

挙式と同じ日に催すのか、別日にするのかでも
段取り・準備は異なりますが、「それぞれ別の会場」という場合も多く
注意しておくべきこと、お得に挙げる方法をしっかりチェックしておきましょう。

※当日に全て済ませるカップルはご参考に
挙式と披露宴を別の会場で挙げる~それぞれ違う会場を選ぶ際の注意点~

組み合わせもいろいろ!「好きなように」でOK!!

またこれらの組み合わせに関しては

  • 親族だけの挙式・親族だけのお食事会
  • 親族だけの挙式・親族友達の参加するお食事会(1.5次会)
  • 親族だけの挙式・友達だけのパーティー

それぞれに同じ日・別の日と、いろいろなパターンがあります。

内容に関しても、「何もない(歓談のみ)」や
カラオケ・ビンゴといった、定番のものまで「全て好きに」で問題ありません。

またお食事会・パーティーの際は、ドレスを着たままでも
私服に着替えてしまっても、また「お色直し」として
挙式とは異なるドレスで着飾る新婦様も多くなっています。

その際も、上記した「専門プロデュース会社」であれば
ドレスのレンタルも格安、場合によってはセットになっていたりとお得です。

一方で、全て自分達で計画する楽しみもあり
こういった「堅苦しくないパーティー」
現在、利用カップルが増加しているスタイルになります。

>>できるだけ多くの候補から「挙式のみ」ができる会場を探す