「少人数ウェディング」と呼ばれる、少ない人数で挙げる結婚式は
少し前の時代であれば、「予算が少ない・・・」というカップルが多かった形態ですが
現在では立派な「1つの選択肢」として、多くのカップルが利用しているコンセプトです。

むしろ最近では、80人以上の「大規模披露宴」というのは珍しく
「家族・親族のみ」や、加えて「ごく親しい友人」というケースが増えています。

そもそも「挙式」だけ行い、「披露宴」は開かないカップルも増えてきており

「たくさんの人に見られるのは恥ずかしいけど、ウェディングドレスだけは着たい」

という女性(カップル)のニーズに応えたスタイルも、非常にうけています。

挙式のみ・披露宴なしの結婚式の費用はどれくらい?~式場の選び方・内容の決め方~

今回は挙式に加えて、小規模でも披露宴を挙げたいというカップルのために
相応しい披露宴会場の選び方を紹介します。

「ホテル」か「レストラン」にすべし!

結論から述べると、小規模の披露宴であれば

  • ホテル
  • レストラン

いずれかにすべきです。

「小規模なのにホテル?」と思われる方もいるかもしれませんが
「30人未満専用」といった、バンケット(宴会場)はどこのホテルにもあり
また、「スイートルーム」を利用したプランもぜひおススメです。

ホテルの魅力と言えば、やはり「サービス」の質であり
あらゆるコンセプトの会場と比較しても、やはり「おもてなし」はトップです。

「身内だから、気を使わなくていい」という考え方もありますが、
少ない人数だからこそ、ぬかりのない最上のサービスを経験することができます。
(ホテルに限らず、結婚式はゲストの人数が多いほどにサービスの質が落ちます・・・)

またその際も、ぜひ「普段は泊まれない・行ったことがない」ような
いわゆる「高級ホテル」がおすすめです。

ランクが高ければ高いほどに、「コスパ」が高いことが
ホテルにおける、少人数ウェディンのメリットと言えます。

少人数だからこそ活きるレストラン

またレストランに関しては、やはり「食事を楽しむ」ことにに最も適しており
大規模披露宴ではなかなか味わえない料理を、新郎新婦の2人も楽しむことができます。

何よりレストランに関しては、少人数披露宴にこそ最も魅力を発揮するコンセプトであり
「余計なものがいらない」からこそ、食事会の雰囲気を楽しめるスタイルです。


「過剰な設備」はもったいない

上記したように、小規模の披露宴であれば「余計な設備」は要らないことが多いはずです。

  • 専門式場
  • ゲストハウス

といった、「ある程度張り切っているカップル」が利用する会場の魅力というのは
料理やサービスが低い(ホテルに比べれば)変わりに、
最新のオプションや、音響・上映のシステムが整っている点にあります。

そういった要素というのは、「会場使用料」といった価格に反映されてしまうものであり
「自分達は使わないけど・・・」と、ある意味でもったいないことになってしまいます。

30人以下であれば、やはり「無駄」のない
レストランや、ホテルのスイートルームがベストなのです。

「披露」と「楽しむ」の両方実現できる時代

冒頭では、「少人数披露宴は予算に関係なく人気」といった表現をしましたが
少人数挙式のメリットは、何と言っても費用を抑えることができる点です。

そしてその「浮いたお金」で、結婚式とは別(当日・別日含め)に
「ウェディングパーティー」を開くカップルが、昨今非常増えているケースです。

当サイトでは繰り返し紹介していますが、結婚式に対する考え方として
「お披露目」だけでなく、それに加えて「自分達も楽しむ!」という傾向があります。

※参考記事
>>挙式と披露宴を別の会場で挙げる~それぞれ違う会場を選ぶ際の注意点~

>>結婚式を2回挙げたいカップルのためのおススメの式場の決め方

いくら身内と言えど、パートナーの家族・親族の前ではやはり緊張するものであり
やはり「パーティーは友達と」というのが、本音であることも多いはずです。

全体的な費用が少なくて済むようになった、現代だからこそ可能な考え方であり
ぜひ1つの選択肢として、検討してみて欲しいと思います。