結婚式におけるマナー・システムは、近年劇的に変化しています。

「服装」や「日取り」といった、「そういうもの」という価値観が薄れ
また挙式の形式や、披露宴の内容といったものにも変化が見られてますが
その中でもやはり「お金」にまつわる変化というものは、非常に目立つものであり
いざ「当事者」となった際には、特に気なるものでもあります。

そして、昨今の結婚式における、「料金システム」に関する
注目すべきものが「会費制」で挙げる結婚式であり
「新郎新婦」にとっても「ゲストの方々」にとっても
メリットが大きくなる場合の多い、新たな1つの方法と言えます。

このお金のシステムは、準備を始めてから変更は難しいため
「予算面」に関して、最初から不安のあるカップルは
一度検討してみることを、おススメします。

より「コスパ」が高い可能性を秘めたスタイル

現在は、「結婚式はド派手にやるべき!」という時代でもなく
もちろん楽しければ何よりですが、その「内容」が大切であり
より「コストパフォーマンス」といったものが重要視されるようになっています。

かけるべきところにかけて、要らないものは値引き(排除)して欲しい

そういった考えのカップルが、非常に多くなっているのです。

「見栄えよりも内容」が大切であり、本来の結婚式の意味に近い
「カタチよりも、思い出」という傾向の変化は、よいものだと思います。

その際には、「できる限り、自分達の状況で可能な限り」の計画を立てて
「ゲストの方にも負担をかけたくない」という気持ちも優先されることになります。

そういった場合に、「一般的なご祝儀の相場よりも、少し安く」
更に「みんな一律同じ価格」に設定することで、納得のいく内容にしやすいのです。

「ハードル」を下げることができて「計算」もしやすい

会員制のメリットとして考えられるものとして

  • ハードルが低い
  • 総費用の計算がしやすい

この2つこそが、利用カップルが増えている・おススメできる理由でもあります。

豪華にする必要がない

会費制の場合、「2万円程度」が相場だと思われます。

  • 3~5万円の一般的な結婚式
  • 7,000~1万円の二次会

この中間として、この程度を設定されるカップルが多いようです。

そのため、いただける額の総費用が少ないことは
ゲストの方々も納得していただけることと思います。

また食事に関しても、「コース」ではなく「ビュッフェ」となることもありますが
「ホテルビュッフェ級」であれば、むしろ中途半端なコース料理よりもウケがいいようです。

「ゲストのための内容」を加味しても、「おつり」がくるものであり
その「余った分」で、料理以外の要素を準備することができます。

↓↓会費制・定額制は「ハナユメ」がぜひおススメ!!

「単純計算」で済む

そして、上記の

  • 料理にかける費用(あらゆる意味で宴会のメイン)
  • それ以外に使えるお金

こういったものを、計算しやしやすいことも会費制のメリットと言えます。

  • 会費2万円×60人=120万円
  • 料理8,000×60+その他オプション・引き出物等5,000×60=780000円

以上は「ざっくり」ですが、「42万円」が余ることになります。

この中で「ドレス」「会場装飾」といったものをやりくりすることで

  • いくら他の内容に割けるのか
  • いくら自己負担になるのか

といったことが、最初から計算しやすいのです。
(一般的な結婚式で、思ったよりご祝儀が少なかった・・・ということは少なくありません)

どうすれば「会費制の結婚式」を挙げられるの?

そして、この会費制の結婚式を挙げる方法ですが
「どこの会場なら挙げられる」というものではありません。

「会場(結婚式場)」が、表立って会費制を掲げることはありません。

あくまで「普通の結婚式」のプランのみ、提示しているものなのです。

そのため、会費制の結婚式を挙げるためには
基本的には「仲介業者」「プロデュース会社」に相談することになります。

会費制と似た考え方に、「定額制」というものがあり

「定額制プラン」で結婚式を挙げたいカップルは「ハナユメ」がおすすめ!

上記でも解説していますが、定額制・会費制サービスを
提供する媒体というのは増加しており、利用者も急増しています。

日本全国、そういったサービスを提供する会社・会場は必ずあるはずです。

そういった会社の「サロン」に相談に行ってみて
最初から「会費制を検討しています」ということを相談すれば
会費制・定額制で挙げることができる会場を、紹介してもらえるはずです。

すでに珍しくはない方法であり、ぜひ一度相談に行ってみましょう。

「プレッシャー」が少ないことが最大のメリットかも?

結婚式を成り立たせるために必要な費用
その非常に大きな割合を占めることになる「ご祝儀」という
「当日にみんなが現金を持ってくる」というシステムは
日本に結婚式の文化を根付かせることになった、非常に大きな要素であり
「全て新郎新婦の負担」であれば、挙げるカップルは劇的に少ないはずです。

本当にありがたい制度だと思います。

しかしながら、「自分が払う立場」に立った場合には
決して安くはない額(最低でも3万円)と感じるものであり
それはすなわち、ゲストの方も同じ気持ちのはずです・・・

もし「しょぼい内容」だった場合に、がっかりすることも同じなのです。

いくら親しい中であっても、「高い金払ったのに!」と
思って(思われて)しまうことも・・・それは何より避けるべきです。

そのため、もてなす側としては
「あまりケチれない」むしろ「ケチるべきではない」と言えます。

せっかくお祝いに来て、なお且つご祝儀を払ってくださった方に対し
失礼のないように、少しでも高い「満足度」を感じてもらうことが大切です。

「会費制」にすることによって、こういったプレッシャーを避けることができます。

もしかしたら、準備する側としては
それが最も大きなメリットと言えるかもしれません・・・

会費制・定額制の先駆け「格安ウェディング」とは