昨今の結婚式の流行として「和婚」と呼ばれる
「白無垢」を着て、神社(寺)で挙げるスタイルが見直されています。

女性としては、やはり「ウェディングドレスを着たい!」という思いが強いかもしれませんが
「お色直し」から、ウェディングドレスにチェンジすることもでき
再入場のタイミングで、「お父さんと歩いて入場」といった演出も流行っています。

従来は、年齢層が高いカップルが多かった神前式ですが
現在では、年齢層に関係なく行われていることも特徴的であり
「結婚式といえばチャペル」という傾向も薄れ、幅広い嗜好の一翼を担っています。

様々な会場選びの選択肢がある中で

そして、和婚の際には「挙式」だけでなく「披露宴」に関しても
和の雰囲気を持った会場を選択したい、というカップルが多く見られます。

もちろん、神社において「外式」という形で挙げたとしても
ほとんどの式場が受け入れてくれるものであり
「披露宴はゲストハウスで」とういうことも可能です。

しかしながら、やはり統一したいうという嗜好が強いことも多く
「洋風」に比べれば、「和風」の会場は少ないことが現実です。

そのため、和風で「それなりの」「一般的な」ということを考えた際

都内であれば

  • 目黒雅叙園
  • 椿山荘
  • 八芳園

この3つの中の、どれにしようか迷うカップルが多いと思います。

いずれも歴史がある、一定のレベル・条件を満たす会場になりますが
それぞれに微妙な特色(内容・雰囲気)の差が存在します。

「値段」以外の要素で考えるべし

まず、結婚式において最も重要な「お金」に関して
以上の3会場であれば、「総額」にそれほど違いはないと思われます。

あくまで、内容によって差が出るものであり
同じくらいにしよう、と思えば「やりよう」によって可能です。

そのため、やはり何を目的とするかが重要であり
和婚を挙げるからには「雰囲気」に関する要素が特に大きな決定打になるはずです。

「1日」で感じることができるもの

しかしながら、結婚式の時間というのは限られています。

そして、意外と「特定の要素」を感じるタイミングは少ないのです。

「和の要素」で言えば、「外観」や「内装」といった
目に見えるもの、また「料理(和食)」といったものも重要です。

上記の3会場に関する、まず「外観」「内装」について
外観や施設から和の雰囲気を感じることができるのは「八芳園」です。

「目黒雅叙園」「椿山荘」共に、それぞれやや「現代的な」ものを感じてしまいます。

しかしながら、中に入ると「目黒雅叙園」の空間に圧倒されると思います。

「面白いな」と感じる要素が非常に多く、ゲストのウケもいいはずです。

「椿山荘」は、バランス型といったところでしょうか。

「堪能できるか」について想定しておく

しかし、ここで1つ注意が必要な点として
それぞれの会場が「当日に」写真撮影ができる場所は限られるということです。

和風庭園の中や、門では撮れない可能性もあります。

「和風の写真にこだわりたい」というカップルは
必ず、事前に確認が必要です。

こういった点も、会場決定の際には非常に注意が必要です。

最も壮大な式地を持つ「椿山荘」でさえ
当日に訪れることができるのは「小庭」だけ、という場合もあり
期待していたものを味わえないことも、考えられます。

そういった際には「前撮り」をすることによって
時間を気にせず、写真撮影をするという選択肢もあります。

↓↓他にもいろいろな和風会場を格安で紹介!

まずは「目黒雅叙園」を見てから?

「見るだけはただ」という点を考えれば
それぞれの会場を訪れてみて、実際に比較することが大切です。

全て見ることが可能であれば、越したことはありませんが
といりあえずは、「目黒雅叙園」を見学することをおすすめします。

総合的に見て、わずかに優勢かな?と思われる点に加え
最近では「リーズナブルなプラン」も取り入れており
これからの結婚式の流れに、対応する姿勢が見られます。

「目黒雅叙園」での結婚式を
>>「マイナビウェディング」に相談してみる

>>「ハナユメ」に相談・お得に紹介してもらう

>>ブライダルフェア・会場見学に参加する

「両方味わう」ことができる会場

また、いずれの会場も「キリスト教式」を挙げることもでき
和と洋の融合」を味わうことができることも、メリットになります。

「チャペル」も備えており、和の装飾の中での
キリスト教式もまた、「乙」な印象を受けるものになります。

>>それぞれの会場のブライダルフェアの予定を確認する