「ゲストあっての結婚式」ということは
決して忘れてはいけない、大前提です。

ゲストの方のことを考えた結婚式とは
ゲストの方々が「どんな1日を過ごすことが出来るか」
ということであり、いかに満足して・楽しんで
「いい思い出を作って帰ってもらうか」ということに尽きます。

しかし、自分達とゲストは同じ感覚ではなく
自分達が満足したからといって
ゲストの方々も満足しているとは限りません。

「新郎・新婦の満足感」と「ゲストの満足感」は全く別物です。

結婚準備を進めていく過程において
「ゲストの方々はこれで満足だろうか?」
という感覚は、決して忘れてはいけないものになります。

ゲストの満足感とは

自分達の結婚式は、ゲストの方々にどう見られているのか
ということを、全く気にしないカップルはいないと思います。

人によって価値観はそれぞれですが

  • 花嫁のドレス
  • 会場の華やかさ
  • 披露宴の料理
  • お花の質

数限りなく見定められる要素があります。

中には、ナイフやフォークの質まで細かくチェックする人も・・・

いないとは限りません。

しかし、1つの絶対的なこととして
「他人の結婚式におけるゲストの満足度」
そのほとんどの割合が「料理」という要素に集中するということです。

「祝儀」に見合う品質なのか

時に批判されることもあり、ネガティブな意見を持つ人もいますが
日本の結婚式は「祝儀」という制度で成り立っており
いわゆる「カンパ」と同じで「助け合い」の精神です。

「あなたのために払うから、わたしの時はよろしくネ」

というものです。

「友人」や「同期」といった立場で出席する際の
ご祝儀の相場は「3万円」です。

上司や親戚等の場合は「年長者」として
少し多めに頂けることもありますが
この3万円という金額の価値ベースに考えていきましょう。

「半分は料理代として」「半分は気持ち」として
払える・受け取れることが望ましいです。

料理のコースに関しては、どの会場も
何種類かのランクに分かれていることがほとんどです。

  • 見た目

「明らかに安っぽい」ものは避けましょう。

また「ドリンクメニュー」に関しても
出来るだけ融通が利くものを選ぶことが望ましいです。

ゲストの気持ちを知る単純な方法

最後に、最もゲストの気持ちを知る方法は
自分が「ゲストとして」出席した結婚式を思い出すことです。

  • 何が嬉しかったか
  • 何が不満だったか

ゲストの立場で思い出してみましょう。

こういった単純な感覚・方法が抜けてしまうという
カップルは非常に多く、間違った方向に行ってしまう原因でもあります。

「低価格で抑えたい」という気持ちよりも
「これくらいの金額で、なるべくクオリティの高いものを」
という考えに変えるべきであり、そのためにも
なるべく「お得」な手段を使って「準備」することが重要になります。