結婚式場を決めるための「決定打」としては
実際に「目で見て」判断することが欠かせません。

そして、最も会場の「ポテンシャル」を見ることができるイベントが
「ブライダルフェア」であり、自分達の結婚式当日は
「どんな感じ」になるのか、想像する一番いい機会です。

というのも、当日に近い形・会場セッティングでの

  • 模擬式
  • 模擬披露宴
  • 試食会

といった、ゲスト目線でのパーティーを
見ることが出来る機会でもあります。

結婚式までの「パートナー」となるかもしれない
ウェディングプランナーの「質」や「雰囲気」を感じるチャンスでもあります。

直接質問出来るチャンス



ブライダルフェアへの参加予約をしてから、初めて訪れる会場では
案内のスタッフと一緒に、大まかに会場を見学した後に
自分達が、気になる・特に見てみたい部分を
2人だけで見て、各パートの担当者に話を聞きます。

その時が、気になることを質問する絶好のチャンスです。

「節度」をわきまえつつも・・・

遠慮なく、聞きたいことを聞きましょう。

  • ロケーションにこだわる場合、当日雨が降ったらどうするのか
  • 料理やドリンクのアレンジは、どの程度融通が利くのか
  • 「持込み」や「変更」に関して「持ち込み料」「キャンセル料」はあるのか

「後からでは聞き辛いこと」を優先して、突っ込んで聞いてみましょう。

>>>会場見学・ブライダルフェアの予約はコチラから

できるだけ沢山の会場を見てみる

そして、結婚式場を選ぶ際に最も大切なことが
「最初から1つに絞らない」ということです。

「思い入れ」というのは、とても重要な要素になりますが
時には冷静に判断することも必要になります。

最低でも3つは候補を用意しておき
全て実際に訪問してみてから
選ぶ・比較するというプロセスが非常に大切になります。

なんと言っても「一生に一度」です。

決して安易に決定しないように気をつけましょう。

そのため、ブライダルフェアに参加した際に
その場で「勢い」で選ぶことはせずに
「1回持ち帰って」検討することを心がけましょう。

また、ブライダルフェアは大袈裟でとまどう
もっと静かに見てみたいという場合には
ぜひ、ふらっと「会場見学」に行ってみましょう。

会場見学の方が、じっくりと見れるというケースも多いです。

会場見学の予約方法の詳しい解説

節約したとしても、最終的に払う額というのは
非常に高額であることには変わりがないため
常に冷静な判断をする「癖」をつけておきましょう。

「仲介」の選択肢が豊富な時代

また、会場見学・ブライダルフェアへ参加するための
「紹介」「仲介」サービスを提供している会社が、急激に増えてきています。

以前であれば、「ほぼゼクシーで」という環境でしたが
現在では、様々なカラーを打ち出した会社が存在
それぞれ「得意なシチュエーション」「割引サービス」に違いがあります。

ぜひ気楽に相談に訪れ、「納得できる会社」で決めてみてください。



「マイナビウェディング」の詳しい解説

 

「はなゆめ」の詳しい解説